超早産児神経発達症研究会
第1回セミナー

「超早産児のトータルケアを考える」

参加費2,000円(1回)
​全5回

お申込みは下記の各回お申込みボタンから

※本セミナーでは配布資料はございません

近年、早産児の虚血性脳障害による神経発達症が話題となる中、我々の研究会ではこれまで多くの知見を集積し、検討を重ねてきました。

今回私達は、超早産児の人生をトータル的にケアするために専門家を集め、サイエンスを基盤とした診断、フォローアップおよび最新の研究までのセミナーコースを企画しました。

子どもたちのより良いケアに向けたヒントが、きっと見つかるはずです。是非ご視聴ください。

Peatixを利用したセミナーを開催します。講座はZoomによるオンライン開催で、月1回、9月から1月までの全5回のセミナーとなっております。

当日は、登壇者に直接ご質問いただける時間もございますので、ぜひ当日参加をご検討ください。セミナー終了後、期間限定のオンデマンド配信も行いますので、ご都合に合わせてご参加いただけます。

お申込みは回ごとになりますので、お気をつけください。

第1回
(9月25日(日))
10:00-13:15

[神経発達症に関連する病態と管理]

10:00-10:10 開会挨拶

10:10-10:45 超早産児の脳障害が大脳皮質の発達に及ぼす影響

        出口貴美子(キッズ&ファミリークリニック出口小児科医院・院長 /          慶應義塾大学医学部解剖学教室・非常勤講師)

10:45-11:20 胎内炎症が神経発達に及ぼす影響

​        小谷友美(名古屋大学・医学部附属病院 総合周産期母子医療センター          生殖周産期部門・病院教授)

11:20-11:55 新生児行動評価(NBAS)でみる超早産児の行動発達

​        永田雅子(名古屋大学心の発達支援研究実践センター・教授)

11:55-12:30 NICUにおける中枢神経系疾患とその病態

        向井丈雄(東京大学医学部附属病院 小児科・助教)

12:30-13:05 超早産児神経発達症を予防するNICUでの管理

        佐藤​義朗(名古屋大学医学部附属病院総合周産期母子医療センター新生    

         児部門・病院准教授)

13:05-13:15​ 総合討論・閉会挨拶

参加申込をされた方は、イベント視聴ページよりオンデマンド配信をご視聴いただけます。(イベント視聴ページへのアクセス方法はこちら
マイチケットから「オンラインイベントに参加」ボタンを押してご視聴ください。

​公開期間は4週間(10月23日(日)11:59 PMまで)です。視聴期限にお気をつけください。

第2回
(10月16日(日))
10:00-12:35

12:35-13:00 自由討論

[画像等の診断]

参加申込をされた方は、イベント視聴ページよりオンデマンド配信をご視聴いただけます。(イベント視聴ページへのアクセス方法はこちら
マイチケットから「オンラインイベントに参加」ボタンを押してご視聴ください。

​公開期間は4週間(11月13日(日)11:59 PMまで)です。視聴期限にお気をつけください。

10:00-10:05 開会挨拶

10:05-10:30 超早産児の脳変容の概論

        城所 博之(名古屋大学医学部附属病院小児科・助教)

10:30-10:35 質疑応答

10:35-11:00 超早産児の脳MRI:どう読む、どう役に立つ?

​        柴崎 淳(地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立こども医療 

         センター 臨床研究所・医長)

11:00-11:05 質疑応答

11:05-11:20 休憩・質疑応答

11:20-11:45 超早産児の管理モニタリングとしての脳波/aEEGモニタリング

​        杉山 裕一朗(名古屋第一赤十字病院 小児科・医長)

11:45-11:50 質疑応答

11:50-12:15 退院後に認めるけいれん及びてんかん

        城所 博之(名古屋大学医学部附属病院小児科・助教)

12:15-12:20 質疑応答

12:20-12:35 総合討論・閉会挨拶

12:35-13:00 自由討論(退出自由)

第3回
(11月20日(日))
10:00-12:35

[フォローアップ]

10:00-10:05 開会挨拶

10:05-10:30 超早産児の発達の概論

        髙橋 立子(東北文化学園大学総合発達研究センター付属国見の杜クリ

         ニック・院長)

10:30-10:35 質疑応答

10:35-11:00 超早産児のコミュニケーションの発達

​        竹内 章人(国立病院機構岡山医療センター成育医療推進室・副室長)

11:00-11:05 質疑応答

11:05-11:20 休憩・質疑応答

11:20-11:45 超早産児が学習場面で気をつけること

​        福井 美保(大阪大谷大学 教育学部・教授 / 大阪医科薬科大学 小児

         科・非常勤講師)

11:45-11:50 質疑応答

11:50-12:15 思春期以降の社会適応と支援

        永田 雅子(名古屋大学心の発達支援研究実践センター・教授)

12:15-12:20 質疑応答

12:20-12:35 総合討論・閉会挨拶

12:35-13:00 自由討論(退出自由)

時間割は若干の変更がある場合がございます。

12:35-13:00 自由討論

参加申込をされた方は、イベント視聴ページよりオンデマンド配信をご視聴いただけます。(イベント視聴ページへのアクセス方法はこちら
マイチケットから「オンラインイベントに参加」ボタンを押してご視聴ください。

​公開期間は4週間(12月18日(日)11:59 PMまで)です。視聴期限にお気をつけください。

第4回
(12月25日(日))
10:00-12:40

12:35-13:00 自由討論

時間割は若干の変更がある場合がございます。

[各論]

お申込み受付中

10:00-10:05 開会挨拶

10:05-10:45 超早産児に特有の脳性麻痺-タイプ、経過と介入方法

        荒井 洋(ボバース記念病院・院長)

10:45-10:50 質疑応答

10:50-11:00 早産児ビリルビン脳症

​        森岡 一朗(日本大学医学部小児科学系小児科学分野・教授)

11:00-11:05 質疑応答

11:05-11:20 休憩・質疑応答

11:20-11:45 発達性協調運動症について

​        岩永 竜一郎(長崎大学生命医科学域・教授)

11:45-11:50 質疑応答

11:50-12:15 成長と生活習慣病

         森岡 一朗(日本大学医学部小児科学系小児科学分野・教授)

12:15-12:20 質疑応答

12:20-12:35 総合討論・閉会挨拶

12:35-13:00 自由討論(退出自由)

第5回
(1月22日(日))
10:00-12:40

[治療及び研究]

10:00-10:05 開会挨拶

10:05-10:30 早産低出生体重児の神経発達障害を研究するためのモデル動物

        辻 雅弘(京都女子大学 家政学部 食物栄養学科・教授)

10:30-10:35 質疑応答

10:35-11:00 神経発達障害に対する幹細胞療法

​        佐藤 義朗(名古屋大学医学部附属病院総合周産期母子医療センター新

         生児部門・講師)

11:00-11:05 質疑応答

11:05-11:20 休憩・質疑応答

11:20-11:45 超早産児として出生した学童に対する包括的な運動機能評価

​        伊藤 祐史(名古屋大学医学部小児科・医員)

11:45-11:50 質疑応答

11:50-12:15 超早産児神経発達症に関与する(かもしれない)遺伝学的要因

         井上 健(国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 疾病研究第2

         部・室長)

12:15-12:20 質疑応答

12:20-12:35 総合討論・閉会挨拶

12:35-13:00 自由討論(退出自由)

お申込みは12月26日受付開始予定

12:35-13:00 自由討論

時間割は若干の変更がある場合がございます。